ネイルサロンは人材不足

ネイリストの質が悪いからネイルサロンの経営が上手くいかないのだ。

ネイリスト不足

ネイリスト資格を持っている人は沢山いる。
しかし
実際にネイルサロンで
ネイリストとして働いた事がある
人は少ない。

では、なぜ皆
ネイリスト資格を取得するのか?

実際、ネイリスト資格を取得しても
雇って貰えないという理由もあるだろう。

今、あるネイルサロンのほとんどが個人サロン。

正直、1からネイリストを育てるだけの
余裕があるサロンは少ない。

と言うか、皆無と言っても良い。

それが出来るのは
資金がある大手のネイルサロンだけ。

大手と言っても
新規採用される人数はそれほど多くはない。

その為、ネイリスト資格を取得しても
結局、ネイルサロンで働けない人が
溢れているという事のようだ。

個人経営のネイルサロンでは
未経験者の採用は
無いと言っても過言ではない。

必須条件として
「サロン経験者」なのだ。

完全に悪循環に陥っている。

ネイリスト資格は、資格ビジネス

結局、ネイリスト資格と言うのは
「資格ビジネス」と言う事だ。

ネイリストは、国家資格でもない。

カラーコーディネイターや
野菜ソムリエと言った資格と同じ扱い。

国が定めている訳では無く
民間の協会が
資格制度を作っているだけ。

実際、資格が無くても
ネイリストとして働いても何ら問題は無い。

法律違反でも無い。

結局、一番儲かっているのは
ネイリスト資格試験などを行っている民間の団体。

ネイリストの将来なんて
ほとんど考えていない。

ネイル業界は人材育成が急務

今の状態では
ネイル業界はどんどん衰退していく。

なぜなら、優秀な人材が育っていかないからだ。

copyright©2016 ネイルサロンを開業し、経営を失敗した話  all rights reserved.

サブナビゲーション