本文へスキップ

ネイルサロン開業

<<HOMEへ  <<ジェルネイルサロン開業

ジェルネイルサロンを開業しましょうNail Salon

ネイルサロンの開業方法〜

いつかは、自分だけのネイルサロンを~とお考えの方へ

夢ですよね。おうちの片隅でネイルサロンを開業するのって。

最近では、街中を歩いていると個人宅の前に「ネイルサロン」と書かれた看板をよく見ます。

では、おうちでネイルサロンを開業するために必要な事は何か?考えていきましょう。

まず、ネイルサロンを開業するにあたり保健所などに届け出は必要ありません。

美容室は、管轄の保健所の許可が必要になりますが、ネイルサロンは必要ありません。

ですので、簡単にネイルサロンは開業出来ます。

しかし、売り上げ等が発生しますので税務署等に申告は必要になります。

道具と材料とネイル技術があればいつでも始める事が出来ます。

実は、ネイリストという資格は持っていなくてもネイルサロンを開くことはできます。

ネイリスト資格は国家資格ではありません。あくまで民間団体が行っている資格制度にすぎません。

そうは言っても、技術はどこかで習う必要もあるので結局は、資格試験を受験される方がほとんどです。

自信にも繋がりますしね。

道具・材料・機器・を揃えましょう。

ネイルサロンを開業するにあたり必要な道具、材料、機器、を揃えましょう。

と言っても、それほど大げさなものではありません。

お客さんが座る椅子、ネイルテーブル、ネイリストが座る椅子、UVライト。大きなものはそれぐらいでしょうか。

細かい道具類は、お持ちだと思います。

ジェルネイル、筆、プッシャー、ファイル、リムーバー、クリーナー、コットン、等ですね。

お金を掛けずに始めようと思えば、これぐらいで始める事が出来ます。

唯一、お客さんの座る椅子にはこだわった方が良いかもしれませんね。

長時間座ることになるので疲れない椅子が良いと思います。どんなに、上手にネイルアートを施しても、お客さんが疲れて帰るのはまずいですよね。

ネイルサロン成功の秘訣

ネイルサロンをオープンしました。しかし、お客さんが来なければ全く意味がありません。

意外と、多いんです。オープンしたら勝手にお客さんが来てくれると思っている方。

しかし、お客さんは来ません。お友達なら1回か2回は、付き合いで来てくれるかもしれませんね。

お客さんを呼ぶには、宣伝するしかありまえん。後は口コミですね。

口コミで広がっていくのが最も理想的です。が、なかなかうまくいきません。時間もかかりますし。

そもそも、ネイルサロンは今沢山あります。その中で、あなたのサロンを選んで貰う必要があります。

どうすればあなたのサロンを選んでくれると思いますか?

これはよく言われる事ですが、「自分のお店の売り」が無ければ難しいですよね。

お客さんが、「あそこのネイルサロンに行ってみたい」と思ってもらえる「お店の売り」を考えてみましょう。

>>ネイルサロン開業失敗者のブログ〜失敗者ならではの考えが見られて面白いサイトですね。