本文へスキップ

髪の毛が薄くなる原因

薄毛の原因は、シャンプー、トリートメント、そしてヘアカラー剤にあった!

なぜ薄毛になってしまうのか?

嫌だ〜。
薄毛になりたくな〜い!

若い頃は、それほど頭皮の事なんか考えていませんよね。
なぜなら、しっかりと髪の毛が生えているからです。だから、多少無理してもへっちゃらです。
しかし、年を取ると薄毛に悩む方が凄く増えているんです。なぜ、ウィッグのテレビCMが流れているのか?それは、薄毛に悩んでいる女性が多いからです。ウィッグを被って薄毛を隠すのです。でも、本当はウィッグなんて被りたくないんです。暑いし、不自然ですから。また、ウィッグもケアしなければダメになってしまいます。維持費も凄く掛かるんですよ。こんな苦労しなくてもいいはずなんです。
では、なぜこれほど薄毛の方が増えたのか?元々薄毛の方は遺伝なので仕方がないと思います。
しかし、そうではない方。30歳を過ぎた頃から徐々に薄くなってきた方。
原因は、いくつか考えられます。

ヘアカラー剤は頭皮に悪い影響を与えます。

まずは、ヘアカラー。毎月のヘアカラーは頭皮に良くありません。しかし、頭皮に付けなければ問題ないんです。髪の毛に付く分には何の問題もありません。髪の毛から浸透して頭皮まで行く事はありませんから。ですので、頭皮にはヘアカラー剤が付かないように気を付けましょう。しかし!たまにいるんですよね。頭皮にべっとりと塗布する美容師さん。なぜ、そんなに頭皮に付けるのか?と思う程べっとりと付けます。あれは、どうにかして貰いたいですが・・・
防ぐ方法は、1つ。美容室に行って、頭皮にヘアカラー剤が頭皮に付かないように塗って下さい。という事です。美容室によっては、断られたり、嫌な顔をされるでしょう。なぜなら、そのような事を言うお客さんは面倒くさいと思われるからです。快諾してくれる様なサロンがあると良いですが。まあ、こればかりは、何とも言えませんね。
自分でヘアカラーをするなら、大丈夫ですね。頭皮には付けずに塗ればいいので。

シャンプー剤とトリートメント剤は、頭皮に悪い?

シャンプーやトリートメントによりますが、薬局や美容室で売られている一般的な商品は正直頭皮にあまり良くないですね。
まずは、シャンプーに関して。シャンプーとは、そもそも頭皮を洗うモノです。それなのに今は、髪の毛に重点を置いています。洗い上がりがごわつかないように、色々と入っていますよ〜。成分は、それぞれ違うのでここでは言えませんが。髪の毛はさらっと仕上がりますが、頭皮はべとっと仕上がります。シャンプーした後なのに、さらっとした仕上がりになるのは、おかしいと思いませんか?本来、洗ったら きしんで当然なのです。それなのに・・・
怖いです。その訳の分からないモノが、ずっと頭皮に溜まり続ける訳です。それが、毛穴をふさぐわけです。そりゃ〜、薄毛になりますよね。1日や2日ではないんです。ず〜っと溜まり続けるんです。怖いです。怖いです。
トリートメントも同じですね。髪の毛には何を付けてもいいんです。髪の毛自体は、死んだ細胞ですのでいいんです。しかし、頭皮は?生きています。頭皮には、トリートメントをつける意味はありません。むしろ、良くありません。
どうぞ、頭皮にトリートメントをつけるのだけは止めて下さい。それだけで相当違ってきます。
薄毛にならない為にも。

ナビゲーション