本文へスキップ

ジェルネイルのやり方〜塗布方法

ジェルネイルの塗布方法ON GEL

プレパレーションが済んだらジェルネイルを塗っていきましょう

それでは、早速ジェルネイルを塗っていきましょう。

おっと、その前に1つだけ確認してください。

ジェルクリーナーは、しっかりと乾いていますか?

まだ、乾いていないようならもう少し待ってくださいね。

  1. 初めにベースジェルを塗っていきます。

    爪からはみ出さないように丁寧に塗っていきましょう。ジェルがはみ出た状態で硬化してしまうとその部分からジェルが剥がれてきてしまいます。

  2. 全体に塗り終えたら、一度UVライトに入れて仮硬化させます。

    完全に固める必要はありません。36WのUVライトの場合、約30秒でOKです。

  3. ある程度固まったら、次にカラージェルを全体に塗っていきます。

    カラージェルは、1度塗りでは色の発色がいまいちなので2度塗りをおすすめ致します。

  4. 塗り終えたら再びUVライトに入れて仮硬化させます。

    ここでも完全に硬化させる必要はありません。

  5. 最後にトップジェルを全体に塗ります。

    トップジェルは、仕上がりを決める大切はジェルです。はみださずに、ムラにならずに。

  6. 最後の硬化作業になります。UVライトには、少し長めに入れてジェルを完全に硬化させます。

    完全に固めましょう。厚塗りになった場合は、長めにUVライトに入れましょう。

  7. ジェルが完全に硬化したら、コットンにジェルクリーナーをたっぷりと浸み込ませます。

    未硬化ジェルは、なかなか頑固で除去しにくいです。たっぷりのクリーナーでしっかりと拭き取りましょう。

  8. そのコットンで、表面に残っている未硬化ジェルを完全に拭き取りましょう。

    未硬化ジェルが残った状態では、艶も出ません。また、触った感触もベトベトとしていて気持ちが悪いのでしっかりと拭きってください。

基本的な流れは以上になります。

決して難しくはありませんようね。ジェルを塗って、UVライトで硬化させる。この繰り返しになります。

ネイルアートを施す際も、基本は同じです。

是非、色々なネイルアートに挑戦してみて下さい。

←前へ戻る